LINEモバイル5つの欠点!デメリット・短所を他の格安SIMと比較

LINE MOBILE(ラインモバイル)ってメリットばかり注目されて、肝心のデメリット欠点短所がわからないですよね?

でも、どこにもぶっちゃけて書いてありません。

絶対に注意点や弱点、何か欠陥があるはずです。

ってことで今回は、実際にLINEモバイルを使って感じた、LINEモバイルのデメリット・問題点についてぶっちゃけレビューします。

使ってみてやっと分かったデメリットです!!

契約する前に、この欠点を知っとかないとあとで後悔しますよ!

 

LINEモバイルの欠点・デメリット

LINE MOBILE(ラインモバイル)を、最近勢いのあるUQ mobile(ユーキューモバイル)、楽天モバイル、mineo(マイネオ)と比較してみました。

そしたら、LINEモバイルの欠点や弱点がはっきりわかりましたよ。

LINEモバイルの欠点・短所

1, 通信速度が遅くなる時間帯あり

2, 料金は他の格安SIMより少し高め

3, 端末セットで販売している機種が少ない

4, かけ放題がない

5, 店舗が少ない

この5つが大きな欠点や弱点です。

LINEモバイルは、あくまでLINEなどのSNS使用を前提にプランが作られています。

なので、LINEやTwitter、Instagram、Facebookを使わない方にはあまりメリットがなく、デメリットばかりになってしまいます。

契約するときは、このデメリットもしっかり理解してからにしましょう。

>>LINEモバイルの詳細はこちら

↑比較した時一番良かった格安SIMを、項目ごとに緑で塗ってます。

 

通信速度が遅くなる

まずは、格安SIMに乗り換えるとき一番重要になってくる通信速度です。

格安SIMの乗り換えた後の不満第一位が「通信速度の遅さ」ってこと知ってましたか?

格安SIMがキャリアスマホ(ドコモ、au、ソフトバンク)より安い理由は、通信速度を削って通信速度を上げるためにかかっていた費用を浮かせているからなんです。

なので、当然LINEモバイルに乗り換えても、docomo、au、softbankなどのキャリアスマホより通信速度が遅くなります。

どんな感じに遅くなるかと言うと、通信が混み合う(みんながいっせいに使う)

・朝の通勤・通学時間(7時~8時30分)

・昼の昼休み(12時~13時)

・夕方の退勤、下校時間(17時~19時)

にかけて、動画やネット検索がつまることがあります。

ただし、LINEモバイル自体の通信速度は他の格安SIMに比べると速い方です。

なので、めちゃ遅いってことはありません。

地域によっては、遅くなることもありません。

でも、契約するなら少し遅くなることを覚悟した上で契約してください!!

そう考えてると、遅くなった時に気が楽です。

だた、回線が混み合う時間以外ははいつも通り使えますよ。

ちなみに、LINEモバイルはdocomoの回線を借りて運用されてます。

なので、通信エリアはdocomoと全く同じ!

日本国内は、どこでも繋がります。

通信速度は少し遅いこともあるかもしれませんが、格安SIMなのに通信エリアがめちゃ広いってのは嬉しいですね。

>>LINEモバイルの通信速度・通信エリアの詳細はこちら

料金は他の格安SIMより高め

月額料金を比較してみます。

先程の表をから値段を引っ張ってくると

3GBデータSIMだと

・最安値900円(mineo、楽天モバイル)

1,100円(LINEモバイル) 最安値+200円

3GB音声通話SIMだと

・最安値1,600円(mineo)

1,690円(LINEモバイル) 最安値+90円

端末セットだと

・最安値62,620円(UQ mobile) (ただし2GB)

63,670円(LINEモバイル) (実質最安値)

料金を見てみると、3GBデータSIMや3GB音声通話SIMだと最安値よりちょこっと高いですね。

最安値じゃ無いのは少し残念です。

でも、高いのには理由があります。

その理由は、LINEモバイルにはカウントフリー機能があるからです。

カウントフリー機能は、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICなどの機能を、データ消費無く、通信速度制限がかかっていても高速通信のまま使える機能です。

この機能があれば、毎月のデータ使用量がいつもより1GB~2GBほど節約できます。

ってことは、この機能があるLINEモバイルは、3GBプランと言いつつも、実質4GB~5GBがこのプランで使えるってことです。

なので、LINEモバイルの料金が高いっていっても、カウントフリー機能があってこれだけの料金なら十分やすいと思います。

だからこそ、SNSを使うことを前提にした格安SIMなんです。

また、端末をセットで買った場合、表で一番安くなっているのはUQ mobileですが、実際に一番お得なのはLINEモバイルです。

理由は、UQ mobileは2GBのぴったりプランで計算していることと、LINEモバイルにはカウントフリーがあって、3GB以上に容量を使えるからです。

確かに料金はちょっと高いですが、お得度で言えばLINEモバイルが一番ですよ。

>>LINEモバイルのプランはこちら

端末セットの機種が少ない

LINEモバイルで販売されている機種は、ほかの格安SIMと比べると少ないんです。

1番多いUQ mobileで14機種もあるのに、LINEモバイルは6機種だけです。

選べる端末が少ないってのはつらいですね。

でも、この6機種ってけっこう選りすぐられた6機種なんです。

特に、一番人気のHUAWEI nova lite

コスパ最強のスマホで、格安SIMの端末売上No,1機種です。

絶大な人気があるせいで、いろんなところで売り切れが発生しています。

また、二番人気のarrows M03

バッテリーが3日持って、性能はiPhone6s~7並の高機能スマホです。防水・防塵、ワンセグ機能がついていて、お風呂でテレビが見れるって評判がいいんです。

まだまだいろんな機種がありますが、この2機種だけあれば普通にスマホを使いたい人にとって十分すぎると思いますよ。

格安スマホを買いたいなら、とにかくこの2機種は必見です。

>>端末セットの詳細はこちら

電話かけ放題がない

格安SIMに乗り換える方で、結構辛いのがこのかけ放題が無いってことです。

格安SIM自体、電話にあまり力をいれていないので、かけ放題があるプランってのが少ないんです。

LINEモバイルにもかけ放題は無くて、音声通話をするなら22円/30秒っていう普通の料金を払わないといけません。

でも、考えても見れば、最近はLINEを使った無料通話ばかりなので特に問題ありませんよね。

もし、音声通話をたくさん使いたいってひとがいれば、楽天モバイルかUQ mobileがいですよ。

この2社なら5分間かけ放題や180分電話無料付きのプランがあります。

もし、音声通話をしたいって人には、料金が安くて通信速度の速いUQ mobileの方がおすすめですよ。

楽天モバイルは、通信速度が遅くて料金も高いのでおすすめできません。

店舗がない

これが結構考えどころなんですが、LINEモバイルの実店舗って今はまだ無いんです。

これは、LINEモバイルがオンライン申し込みを中心としていて、店舗を出す費用もおさえて料金を安くしているからなんです。

店舗がないと、不具合や故障が発生したときの問い合わせや、何かあったときの対応をどうして良いかわかりませんよね。

そんなときは、電話もしくはチャットで問い合わせです。どちらもオペレーターの方が対応してくれるんで、家にいながら簡単に問い合わせができます。

・電話問い合わせ
LINEモバイル カスタマーセンター
電話番号:0120-142-275
対応時間:10:00~19:00(年中無休)
携帯電話/スマートフォンでも問い合わせできます。

 

・チャット問い合わせ
LINEモバイルから連絡できます。
対応時間
-オペレーターへのお問い合わせ:10:00~19:00(年中無休)
-自動応答24時間(年中無休)

特に、チャット問い合わせが良いですね。

LINEモバイルと契約済みの方なら誰でもLINEからチャット問い合わせができます。

不具合対応なんかもやってくれるんで、店舗あるよりめっちゃ便利です。

>>LINEモバイル店舗・問い合わせ方法の詳細はこちら

その他の欠点

・大容量プランが無い

LINEモバイルには10GBプランまでしかありません。20GBや30GBって大容量を使いたい人には向きません。

大容量使いたかったら楽天モバイルにあります。

・ホームページがわかりづらい

格安SIMあるあるなんですが、ホームページに情報がたくさんかかれていて、わかりづらいんですよね。LINEモバイルは結構きれいに書かれている方なんですが、それでもわかりづらいです。

特に、上の方でサクサク動いてる紹介?が速すぎてよくわかりません。

ただ、デザインはすごくきれい、格安SIMで一番シンプルです。めっちゃ手が込んでますよ。

>>LINEモバイル公式HPはこちら


LINEモバイルだけのメリットを紹介

・LINE payで支払いができる

LINE payなら、クレジットカードを使わなくても支払いができます。
しかも、ポイントも2倍!

LINE payがあれば、銀行振込、コンビニ支払い、ATM支払いなどいろんな方法で支払いができます。他の格安SIMだと、クレジットカード払いしか選べないんですけど、LINEモバイルならそれ以外の支払い方法が選べます。

また、LINE payのポイント還元率は2%もあります。

還元されたポイントはチャージ料金にも変換できますし、LINEスタンプも買えるんで結構良いですよ。

ちなみに、還元率がめちゃくちゃ高いって言われてる楽天カードでさえ還元率は1%です。

LINE payならその倍!最初の手続きも5分くらいで簡単にできます。

LINEモバイルの契約の途中からでも使えるんで、覚えておいて損は無しです。

・初月無料

LINEモバイルは、いま契約するとはじめの月の基本料金が無料です!

安いLINEモバイルが更にお得になるっていいですね。

ただし、このキャンペーンは期間限定なので、LINEモバイルを検討されてる方は急いだほうがいいですよ。

>>LINEモバイルの詳細はこちら

まとめ

LINEモバイルの欠点・短所・デメリット

1, 通信速度が遅くなる時間あり

2, 料金は他の格安SIMより少し高め

3, 端末セットで売ってる機種が少ない

4, かけ放題がない

5, 店舗が少ない

LINEモバイルは、LINE、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSを使う方向けの格安SIMです。

なので、SNSを使う人にはめちゃくちゃお得な格安SIMですが、使わない人にとってはちょっと割高な格安SIMになります。

でももし、SNSを少しでも使うなら他の格安SIMよりも快適に使えます。

なので、LINE、Twitter、Instagram、Facebookをよく使う方は、LINEモバイルにしとけば間違いありませんよ。

>>一番オトクにLINEモバイルを申し込めるのはこちら

 

キャンペーン情報

最後に!いまならLINEモバイルはお得なキャンペーン中です!

なんと初めのひと月の基本料金が無料!!めちゃめちゃお得な期間です。

なんたって、初めの月だけ10GBプランを契約して、初月のうちにプラン変更してしまえば10GBまるまる0円で手に入るんですからね。これは、プラン変更を使った裏技です。

この裏技に気付いてない人は多いんで、契約するときは必ずやってくださいね。

ただし、このキャンペーンも期間限定です!気になる方は今すぐチェックですよ!

>>キャンペーンの詳細はこちら

-LINEmobile, LINEモバイル

© 2021 SIMクエスト!