格安SIM選びを最短で!!

SIMクエスト!

mineoで家族が最安値で契約する方法!人数別のおすすめプランを紹介

更新日:

家族割のある格安SIMのmineoって珍しいですよね。しかも、家族で契約すると、パケットシェアが使えるんで、個別で契約するよりももっと安くなる裏技があるみたいなんです。


今回は、その裏技と家族割りを使った、mineoを家族で契約した時の最安値プランの詳細を人数別に説明をします。


家族での契約考えてるなら、知らなきゃ損です!

まずmineoの公式HPを見てみる→【mineo公式HP】

▼mineo公式キャンペーンページ▼

目次

▶mineoのプランの選び方

▶お得なデータ容量の選び方

▶mineoの家族割と複数契約割

▶mineo独自のパケットシェアとパケットギフト

▶家族人数別の最安値契約方法

▶AプランかDプランのどっちを選ぶか

▶シングルプランかデュアルプランか

▶まとめ

▶お得なキャンペーン情報


▶mineoのプランの選び方

まずは、たくさんあるプランから自分・家族にあったプランの選び方について説明します。


mineoのプランの選び方を大まかに説明すると、AプランかDプランを選んだあと、音声通話付きのプランを選ぶのか、音声通話無しの通話を選ぶか決めます。そして、最後に基本データ容量(500MB~10GB)を選んで、プラン選びが完了します。


つまり、AプランかDプラン、音声通話付きにするかどうか、データ容量。大きく分けて三回プランを決めなきゃいけないんです。このなかでも、データ容量選びが一番節約に効きます。

>>mineo【データ容量の料金詳細】


▶お得なデータ容量の選び方

容量は、好きに選んじゃ損します!理由は、mineoのデータ容量の金額(パケット金額)は容量によって単価がめちゃくちゃ違うからです!


ちょっと、シングルプラン(音声通話なしプラン)で、単価を計算してみました!デュアルタイプは、この基本料金にAプランなら510円、Dプランなら600円足すだけなんで、今回は、すべてシングルプランの料金で説明します。



3GB、5GB、10GBプランは安いですけど、その他の500MBや1GBプランって、1GBあたりの単価がめちゃ高いですね。500MBや1GBならキャリアスマホと同じくらいかそれ以上ですね。この2つのプランに乗り換えるなら、料金が高いんで格安SIMにする意味がありません。


単価をみると、10BGプランが一番安くて、2番目が3GBプラン、3番目が5GBプランなので、容量を使う方ならこの3つのプランがおすすめです。


500MBや1GBプランしか使わないよ〜って考えていた人も、100円〜200円多く払うだけで3GBまでデータ容量使えるようになりますし、家族にシェアできるんで、ちょっと多く使っちゃうときのために3GBを選んでおいたほうがいいですよ。

▶mineoの家族割と複数回線割

契約プランに最安値方法を紹介する前に、とっても大切な 家族割と複数回線割について説明します。mineoには家族割と複数回線割りという割引があります。どちらも自分が契約している、もしくは家族が契約使っている端末の料金を50円下げる割引です。

複数回線割:同じ契約者(eoIDが同じ)が契約した料金が、毎月50円ずつ安くなります。5台契約していたら50 × 5 = 250円毎月料金が減ります。申込みは不要で、自動的に適応されます。


家族割:違う契約者(eoIDが違う)が契約しても、家族(三親等以内)で契約していれば、すべての利用台数分から、50円ずつ料金が安くなる方法です。申請が必要なので注意。


>>mineo【家族割・複数回線割の詳細】



▶mineo独自のパケットシェアとパケットギフト

mineo(マイネオ)には、パケットシェアとパケットギフトという機能があります。この機能を使えば、家族割以上に家族で使うことにメリットが出てくるんです。


・パケットシェア(eoIDが同じ人同士のデータ容量シェア方法)

家族でパケット(データ容量)を分け合える仕組みです。

パケットシェアとは、シェアメンバーに登録した人にそのメンバーの中の人が繰り越したデータを翌月にシェアメンバーに共有できるサービスです。シェアメンバーは最大5人まで!繰り越したパケットが優先的に消費されるので、シェアさえしとけば使い残しはありません。

家族で例えてみると、お母さんが1GB(1,000MB)のプランで契約しているけど、今月は700MBしか使ってなかったら、シェアメンバーになっている家族内で自由に300MBを分けることができるってことです。

もちろん、18歳未満の方でも利用者登録さえしていれば分け合えますし、受け取れます。ただし、こちらはeoIDってのが同じ人同士で分け合える機能になります。

eoIDってなに〜って思ったんで、調べ見ると、eoIDとはmineoを契約した時にもらえる番号みたいです。契約者ごとに割り振られる番号で、利用者ごとには割り振られません。mineoは利用者が違っても同じ契約者が5回線まで契約できますんで、その5回線分まではeoIDが同じになるんです。

つまり家族分を、お父さんが一括で家族分を契約してる場合なら、他の家族のeoIDも同じなんでパケットシェアが使えるんです。

シェアメンバーへの登録方法は、契約後にできるマイページの「ご契約サービス変更」→「パケットシェア変更」→パケットシェアのメンバーにしたいご利用番号を、2回線目以降の欄に入力→申し込む で完了です。登録はその回線を利用している代表者が行う必要があります。

>>mineo【パケットシェアの詳細】

・パケットギフト(eoIDが違う人同士のデータ容量シェア方法)

友達とパケット(データ容量)が分け合える仕組みです。こちらも余っているパケットをアプリを通じて、mineoを契約している友達に分けることができます。もちろん、相手が違うプラン(DプランからAプラン、AプランからDプラン)でも分けることができますよ。

上に書いたパケットシェアが家族内のプレゼントだとしたら、こっちは友達同士のプレゼントみたいなものです。一緒に住んでいない親戚やおじいちゃん、おばあちゃんからでももらえます。

2つ注意点があります。

1つめ、eoIDが同じ人同士(家族)だとこの機能は使えません。つまり家族同士でパケットギフトは使えません!パケットシェアだけ使えます。

2つめ、パケットシェアで貰ったデータ容量はパケットギフトできません。つまり、家族から貰ったパケットを、友達に上げるってことはできません。

この2つは、まぁしょうがないですね。

パケットをあげる方法

こちらもマイページからできます。マイページにアクセス→パケットギフト→あげたい容量を入力→ギフト発行→パケットギフトコードが発行されるので、その英数字のコードをあげたい人に連絡→ギフトコードをもらった人が2日以内に受け取れば完了です。

>>mineo【パケットギフトの詳細】


▶家族人数別の最安値契約方法

今まで説明した機能を使えば、家族でデータ容量を考えて契約すると最安値プランで契約でいるようになります。


その方法とは...

複数回線割(家族割)とパケットシェア(パケットギフト)を使って、料金を最安まで抑える方法です。この方法を使えば、同じデータ容量でも、契約の仕方によって毎月の料金が更に安くなります。


やり方は結構簡単です。やることは、家族割や複数契約割の適用とデータ容量プランの選び方に気をつけるだけです。詳細説明します。


家族割や複数契約割

さっき説明したように、家族割や複数契約割を使うと一回線ごとに50円ずつ安くなります。やり方は、家族割は申請が必要ですが、複数回線割は申請が必要ありません。詳細は、【mineoの公式HP】に記載されてますんで、確認して見てください。


そして、今回のキーになるのはデータ容量の選び方です。

データ容量の選び方

上で説明した容量単価が安かった、10GBと3GB、5GBを中心にプランを組み立てて、mineo独自のパケットシェアやパケットギフト機能を使えば料金が更に安くなります。


例を上げながら説明します。

・2人家族

2人で使うデータ容量が10GBより少ないなら3GBプラン、5GBプランから好きなものを選び、2人で使うデータ容量が10GBより多いなら10Gプランと、3GB~10GBプランの組み合わせにすると一番安くなります。


こうすると、料金は安くなりますが、データ容量のバランスが悪くなります。そこで、パケットシェア(パケットギフト)で、多い容量を契約している人から、少ない容量で契約している人に渡しちゃえばいいんです。そうすると、安いデータ容量単価で、今までと同じ、もしくはより多くのデータ容量が使えるようになります。


・それより多い人数家族(3人、4人、5人以上)

家族みんなでで使いたいデータ容量を合計して、何GB必要か計算します。そして、その容量を超えるように10GBを中心に、33GBと5GBで考えていけばいいんです。


すると、4人家族を例にして説明すると、家族が好きなように契約したら、合計16GBで5,340円(通話機能料別)です。でも、裏技を使えば、容量は3GB増えた19GBなのに、料金は320円安い5,020円(通話料金別)です。


これなら、裏技の方法使ったほうがいいですよね。たくさん容量使う家族ならもっと安くなるんで、この方法おすすめですよ。

>>mineo【詳細・申し込み】



▶AプランかDプランのどっちを選ぶか

その他の、プラン選びのときのポイントを記載します。

mineoのプランは、他の格安SIMと違って、2つのプランから選ぶことができます。それがAプラン(auプラン)とDプラン(docomoプラン)の2つです。


この2つのプランの違いは、大きく分けて3つ

・Aプランでauの通信回線を使うか、Dプランでdocomoの通信回線を使うのか

・AプランならDプランより90円安く音声通話が使える

・使える端末が違う!docomoを使ってるならDプランなら端末セット、auを使ってるならAプランか端末セット、softbankを使ってるなら、AでもDでもいいが、端末セットがおすすめです。


auの通信回線かdocomoの通信回線か悩まれると思いますが、どっちでもいいなって思ってる方は、auがおすすめ!理由は通信速度がDプランより速いからです。格安SIMは、同じ回線を使っていても制限がかかってるのでauやdocomoより通信速度が遅くなります。特に昼や夕方が遅くなるんですが、AプランならそれがDプランより速いんで、あんまり遅いと感じません。Dプランは間違いなく遅いです。


特に、今使ってる端末はそのまま、SIMだけ乗り換えたいならdocomoをつかってるならDプラン!au使ってるんだったらAプラン!softbank使ってるんだったら端末セットがおすすめです。理由は、使おうとしてる機種がmineoの各プランに対応している確率が高いからです。詳細は動作確認端末を確認して見てください。


・シングルプランかデュアルプランか

この違いは、音声通話がつかえるかどうかです。


シングルプラン:データ通信のみで音声通話無し

デュアルプラン:070/080/090の音声通話付き


デュアルプランにすると、通話機能付きのSIMになるんで、Aプランなら基本料金+510円、Dプランなら基本料金+600円が必要になります。


連絡のときにLINEやLINE電話、ハングアウトなんか使うようになって090などの音声通話がいらなくなってきましたが、契約のときには必ず電話番号が必要なんで、書類を書く可能性のある人は、絶対に電話番号があったほうがいです。


ただ一点注意事項があります。契約期間とMNP転出料金(解約料金)についてです。


・シンブルプランなら契約期間が無いんでいつ解約しても、解約料を取られません!0円です!


・デュアルプランは契約期間が1年なので、MNP転出手数料(解約料)が必要になります。利用月が12ヶ月目までにMNP転出すると、12,420円(税込み)が必要になります。13ヶ月目以降ならいつ転出しても2,160円だけなので、転出するなら13ヶ月目がいいです。


ちなみに、MNP転出じゃなくて、電話番号がなくなる単純な解約なら、0円でできます。これもありっちゃありですね。

 

▶まとめ

家族が最安値で契約する方法は、
①「家族割(複数契約割)」を使い
②データ容量を、家族で必要な分だけ単価が安い10GB、3GB,5GBの順に選んで
③パケットシェア・パケットギフトで共有する
こうすれば、家族で使えるデータ容量も増えて、料金は安くなります!契約したデータ容量は途中で変更できますんで、さくっとやってみましょう。
絶対にお得な裏技ですので、ぜひチャレンジしてみてください。
▶︎お得なキャンペーン情報

そんなmineoは、さらに今だけのキャンペーンを開催してるみたいです。いまならiPhone7並の高性能スマホarrows M03が31,800円に値下げ中です。iPhone7が88,000円以上することを考えると、arrows M03の方が5万円以上お得です。

このarrows M03は、おサイフケータイやテザリング、何でも使える超高性能機種なので、必ず一度チェックですよ。mineoはいままでで一番お得なキャンペーンが今まさに開催中です。本気で価格を下げにきてます!こちらも、今を逃すと特典が減っちゃいますよ。

気になるプラン、気になる端末がある方は、今すぐmineoの公式HPを確認してみてください。

キャンペーン詳細ページ【mineoキャンペーン情報】

▼mineo公式キャンペーンページはこちら▼

-mineo

Copyright© SIMクエスト! , 2019 All Rights Reserved.