格安SIM選びを最短で!!

SIMクエスト!

LINEモバイルで審査落ちしない4つの方法!審査内容と審査期間、審査に通らない原因と対策

更新日:

LINE MOBILE(ラインモバイル)は、審査落ちすることがあります。でも、審査落ちするのにはきちんと理由があって、その対策さえしていれば誰でも契約できるみたいなんです。

ってことで今回は、私が審査落ちした時に調べたLINEモバイルの審査判定に落ちる原因とその対処法、審査期間や申し込みの流れについて説明します。

審査に落ちる原因・理由

LINE MOBILE(ラインモバイル)で審査に落ちる原因について説明します。

LINEモバイルの審査に落ちる原因は主にこの4つです。
1, 入力した住所とアップロードした本人確認書類の住所が違う
2, 本人名義じゃないクレジットカードを使っている
3, アップロードされた画像の読み取りができなかった
4, 本人確認書類・MNP予約番号の有効期限切れ
+その他の理由3つ

LINEモバイルは、インターネット申し込みが完了して本人確認書類を送ったあと、本人確認審査期間がだいたい1~3日間くらいあります。この間に、LINEモバイルは入力した申し込み内容と本人確認書類のチェックをします。

このチェックで引っかかった項目が、審査落ちの原因になるんです。

あなたが審査落ちした原因も、この4つの中にあるはずです!しっかり対策を確認して再申し込みしてみましょう。

それぞれの原因と対策・解決方法について、いまから詳しく説明します。

リサイクル マーク

入力した住所とアップロードした本人確認書類の住所が違う

LINEモバイルと契約するとき、申込みで入力した住所と、アップロードした本人確認書類の住所の内容が同じじゃなきゃいけません。

ここめっちゃミスしやすいんです。私もこれで失敗してました。良くわからないLINEモバイルのホームページが悪いですね。

住んでる住所と本人確認書類の住所が同じなら

申し込みの途中で、この下の画像と同じページにきたら、必ず契約に使おうとしている本人確認書類に書いてある住所・氏名を同じように記入してください。審査を通すポイントは、本人確認書類に書いてある住所をそのままLINEモバイルの申し込み画面にも入力することです。

この時、本人確認書類にアパート名やマンション名、建物名も部屋番号もきちんと入力してください。氏名・生年月日もしっかり同じように入力してくださいね。名前、地名などの旧字体と新字体の自体の違いもちゃんと入力しましょう。

また、参考にLINEモバイルで使える本人確認書類を記載しておきます。
運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード 特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類

この書類の中から、持っている本人確認書類を選んで、しっかり住所を入力すれば通過間違いなしです。今すぐ確認して、もう一度申し込みしてみましょう。

詳細・申し込みはこちら→【LINEモバイル】

申し込み LINEモバイル 画面

本人確認書類と住んでいる住所が違ってたときは

引っ越しされたばかりだったり、住民票移してなかったりすると本人確認書類と住んでいる住所が違っちゃいますよね?

それでも心配なし!本人確認書類と一緒に、申し込みをしている住所が記載された『補助書類』アップロードすれば大丈夫です。

補助書類
・公共料金領収書
電気、ガス、水道の領収証(プロパンガスは不可)のみ使用可能。領収証印(領収書日付または発行年月日の記載があるもの)、または口座振替が証明できる記載があるもの。口座振替の場合には、口座振替済みの記載があるもの(口座振替済通知書)に限ります。

・住民票(マイナンバーが書いてないこと)
住民票にマイナンバーが記載されていなければ、期限内のものであればなんでも良いです。

補助書類は、公共料金の領収書と住民票のうちどれか一つが必要となってきます。

補助書類も発行から3ヶ月以内のものという期限が決まっていて、さらに必ず契約する本人名義の領収証や住民票じゃないといけないので注意してくださいね。

そして、申し込むときは補助書類に記載されている現在の住所を記入して、アップロードする書類は、本人確認書類+補助書類の2つをアップロードしてください。

住んでいる住所と本人確認書類の住所は、意外と間違いがちです。あなたの審査落ちの原因もこれかもしれませんよ。

LINEモバイルの詳細・申し込みはこちら>>

水道 ガス 電気 領収書

クレジットカードの名義が契約者の名前と違う

LINEモバイルの申し込みのときにクレジットカードが必ず必要になりますが、クレジットカードの名義は、契約者さんの名義と同じですか?LINEモバイルは、クレジットカード名義と契約者名が同じじゃなきゃ審査通してくれません。

なので、申し込みのときに入力した氏名・年齢・住所と同じ本人確認書類と、同じ氏名のクレジットカードを使って申し込みすれば、一発で審査通せます。

例:3人家族で契約する場合(旦那さんが支払いする時)
契約者:旦那さん
使用するクレジットカード:旦那さんのもの
3人分、すべて旦那さんの名義・カードで契約してください。そうしないと審査に通りません。

LINE payで支払うときも、名義が同じなんで注意してくださいね。

アップロードされた画像の読み取りが出来なかった

本人確認書類や、補助書類をアップロードするときに、光の映り込み(ハレーション)や手ブレなどで書類に記載されている、氏名・住所・生年月日が読み取れないことがあるようです。

これは、ちょっとの写り込みぐらいいいかな?って思ってアップロードしたら、ダメだったってパターンが多いみたいです。

きれいに読み取れる画像じゃないとダメみたいなんで、写真を取るときやスキャンする時は注意が必要です。

対策は、写真を撮ったりしたあとに氏名・住所・生年月日が正確に読み取れるか確認することです。免許書なら、真正面から表面と裏面を撮ってください。

読み取れるかどうかは、人の目で確認してOKなら読み取ってもらえます。できるだけきれいな写真をもう一度取って、アップロードしてみましょう。

本人確認書類・MNP予約番号の有効期限切れ

これも原因として意外と多い有効期限切れです。心当たりありませんか?

本人確認書類や補助書類・MNP予約番号には、それぞれ有効期限があります。LINEモバイルに送ったときギリギリ有効期限内の書類は、手続きの間に有効期限が過ぎてしまうかもしれませんので注意です。

本人確認書類・補助書類:有効期限が1ヶ月以上残っているものを送るのがおすすめ。
MNP予約番号:MNP予約番号をとった日から5日以内!

MNP予約番号は、他の携帯会社(docomo、au、softbank等)から電話番号ごと乗り換えのときに必要になる番号です。新規契約の方やデータSIMだけ契約の方には必要ありません。

MNP番号の有効期限切れが多いみたいです。なので、インターネットで申し込みをしながら電話でMNP番号をもらって、そのまま記入しちゃうってのが一番いい方法ですかね。

もし5日を過ぎていたら、もう一度連絡して再発行してもらいましょう。事情を話せばすぐに番号教えてくれますよ!

書類とMNP番号の有効期限をしっかりチェックして、再チャレンジです!

詳細・申し込みはこちら→【LINEモバイル公式HP】

男子 パソコン 調べ物

その他の理由

なかなか該当する人はいないと思いますが、他の理由も書いときます。

・11回線目を契約しようとしている
LINEモバイルは、1人で10回線までしか契約出来ません。クレジットカードを代えたりしてもダメです。もし、どうしても11回線目を契約したかったら親や周りの方にお願いしてみましょう。

・18歳未満のかたが契約しようとしている
LINEモバイルは18歳未満の方は契約出来ません。もし契約したかったらこちらも18歳以上の方にお願いしてみましょう。ちなみに未成年(18歳、19歳)のかたは、申込みのとき、親の同意書ってのが必要になるんで注意してくださいね。

・デビットカードで申し込みをしたかた
LINEモバイルでは、デビットカードが使えません。クレジットカードとLINE payだけです。LINE payを使えばクレジットカードは必要ないんで、クレカなしで決済したかったらこの方法!

LINEモバイルの審査が厳しい理由

LINEモバイルの審査って厳しいですよね。

他の格安SIMだとここまでないのに、なんでこんなに厳しいのでしょうか?それは、格安スマホを犯罪に使う人がいるからみたいなんです。

確かに、偽造した身分証明書使って複数が通っちゃったら、何百何千と契約できますよね。それに身分証明書も免許書とかの画像をアップロードするだけなので簡単ですし、その偽造も簡単な訳です。

なので、こんな悪事に一人でも手を染める人がいると事件が拡大しちゃうので、その措置としてこんなに厳しい規制になっちゃってるんでしょうね。

なかなかいないと思いますが、悪質なことに格安SIMを使うのはやめましょう!

悪徳代官

誰でも審査に通る申込みの手順

それでは、最後にLINEモバイルの審査に落ちない申し込み方法を手順を追って説明します。

審査落ちしないための一番の方法は丁寧に丁寧に、書いてあることをその通りやっていくだけです。ただ、注意点が色んな所にあってわかりづらいんで、ポイントをまとめましたんで申込み手順にそって申し込みしてみてください。

申し込み手順
1,まずLINEモバイルにアクセスします。

2, 次に申込みボタンをクリック

3, 申し込み前の確認を読んで、「本人確認書類」「クレジットカード」「メールアドレス」「MNP予約番号」を準備。上記事項に同意のうえ申し込みをクリック

注意事項:この必要なもので、審査に通るかどうかがほぼ決まります!
本人確認書類:契約する人の本人書類を準備してください。使える確認書類は、こちら

・本人確認書類(有効期限内のもの)
運転免許証、運転経歴証明書、日本国パスポート+補助書類、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード、健康保険証+補助書類、後期高齢者医療被保険者証+補助書類、届出避難場所証明書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳、特定疾患医療受給証+補助書類、特定疾患医療登録者証+補助書類

・補助書類(発行日から3ヶ月以内のもの)
公共料金領収書:電気、都市ガス、水道の領収書で、領収証印があるもの。
住民票:マイナンバー記載が無いもの

・クレジットカード(もしくはLINE pay)
契約者本人のものを準備してください。もちろん有効期限が残っているものです。LINE payでも支払いが出来るんで、LINE payのカードでもいいです。

注意が必要なのが、どちらのカードを使うにしても、契約者本人のものを準備しなきゃいけないってとこです。もし、契約者と利用者が違っても、契約する人名義のカードを準備してくださいね。

例:お父さん(契約者)が子ども(利用者)の分の契約をする時、準備する書類・カードは全てお父さん(契約者)のものを準備してください。利用者設定は、届いてから行います。

・メールアドレス
キャリアメール(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @softbank.ne.jpなど)は使えないので、フリーメール(@gmail.com, @yahoo.co.jpなど)を使ってください。フリーメールをもし持ってないって人は、GmailのHPから簡単にとれますんで、すぐにGetです。

MNP予約番号(番号をとってから5日以内)
各社の問い合わせ先はこちら

NTT ドコモ
携帯電話 151、受付時間09:00~20:00
一般電話 0120-800-000、受付時間09:00~20:00
パソコンMy docomo → 各種お申し込み・お手続き 24時間

au/沖縄セルラー
携帯電話/一般電話 0077-75470(PHS不可)受付時間09:00~20:00
EZWeb トップ → auお客さまサポート → 申し込む/変更する 09:00~21:30

ソフトバンク
携帯電話 *5533 09:00~20:00
一般電話 0800-100-5533 09:00~20:00
Yahoo!ケータイトップ → My Softbank → 各種変更手続き 09:00~21:30

ワイモバイル
携帯電話/一般電話0120-921-15609:00~20:00
Emnet トップ → 料金&各種申し込み 24時間
パソコン My Ymobile 24時間

4, 次に申込み方法にチェック
エントリーコードを購入済みの方以外は、通常申込を選んで次に進みましょう。

ちなみに、ここに書いてあるエントリーコードとは、LINEモバイルを契約するときに必要な登録事務手数料3,000円を0円にしてくれるお得なチケットのことを言ってます。いまエントリーコードが書いてあるエントリーパッケージをAmazonで買うと本体価格990円+送料350円で1,440円なので、1,660円お得になります。少し安くなりますね。

ただし、エントリーコードにはリスクがあります。それは、一度エントリーコードを入力して審査落ちしてしまったり、入力した後に欲しい端末がなかったときは、もうそのエントリーコードは使えなくなってるんです。

簡単に言うと入力出来るのが一回だけってことです!エントリーコードを使って、審査落ちしたり、欲しい端末が無くて無駄にしてしまうと、お金を捨ててるようなものです。

注文してから届くまでの待つ時間もかかりますんで、これならわざわざエントリーパッケージを買う必要も無いと思いますよ。

チケットが無駄になった

5, 申し込み内容の選択
①まず、端末+SIMカードのセットかSIMカードだけか選びます。

②端末を買う人は、端末と色を選びます。
ちなみにここで端末が売り切れだった場合、入荷時期は未定なので、他の端末を選ぶか、Amazonや価格.comから最安値見つけて買ったほうが早く、安く手に入りますよ。その時は必ず、動作確認端末をLINEモバイルから確認してくださいね。

③プランを選びます。
プラン変更は無料でいつでもできます。プラン変更の条件はサービスタイプが同じってことだけです。サービスタイプ(データSIM、データ + SMS SIM、データ + SMS + 音声通話SIM)が同じなら、容量もLINEフリープランからMUSIC+プランに乗り換えることもできるんで、サービスプランだけしっかり決めて、容量とプランはカンで決めちゃいましょう。

④SIMカードだけ乗り換えのひとは、ここでSIMカードタイプを選びます。
必ず、動作確認端末をLINEモバイルから確認してくださいね。

⑤オプションは好きなものがあれば入ると良いと思います。
けど、基本いらないと思いますよ。

⑥次へ進むを押して、次のページに行きます。

6, 申し込み区分を選びます。
新規申し込みなら新規申込みを、MNPなら3で準備したMNP予約番号を入力してください。

MNP予約番号は必ず10日以上有効期限が残っているものを入力してくださいね。もし残ってなかったら、もう一回取り直しましょう。取り直しは電話の方が簡単です。

男性 電話

7, お客様情報に必要事項を入力

注意事項
・契約者名は、クレジットカード(LINE pay)名義と本人確認書類(補助書類)と同じになるよう記入してください。

・郵便番号と住所は、本人確認書類に記載されているとおりに入力してください。番地や丁目も省略もしないほうがいいです。

もし、本人確認書類と契約者が住んでいる住所が違ったら、いま契約者が住んでいるところの補助書類があれば契約できます。補助書類を使うときは、補助書類にかかれている住所を申し込みのときに記入してください。

・メールアドレスは、3で準備したものを入力してください。

利用者の設定について選ぶところがありますが、利用者と契約者が同じなら同じ、違うなら違うを選びましょう。違うってのは、お父さんが契約して、そのスマホを奥さんやお子さんが使うような場合です。違ったら、その人の名前等を入力しましょう。あとで変更もできますんで、いま書かなくても問題ないですよ。

あとは、規約について確認して、次へ進むを押します。

申し込み LINEモバイル 画面

8, LINEモバイルから登録したメールアドレスにメールが届く
7の終わりの次へのボタンをおすと、10秒~1分くらいで「【LINEモバイル】本人確認書類アップロードのお願い」っていうメールが届きます。

届いたら、メールに書かれているURLをクリックしてください。

9, 本人確認書類の送信
準備していた本人確認書類(必要な場合は補助書類も)をアップロードします。

本人確認書類(補助書類)は、デジカメのデータもしくはスキャンデータ等であれば受け付けてもらえます。ハレーション(光の映り込み)などで、書類の一部が見えないと受け付けてもらえないこともありますんで、しっかり確認してからアップロードしましょう。

また、各本人確認書類には注意事項がありますんで、そちらもしっかりと確認ですよ。

データ形式は、しっかり読み込めればjpgでもpdfでもなんでもいいみたいですよ。

10, 支払い方法の選択です。
支払い方法をクレジットカードかLINE payか選びます。選んだら、必要な情報をカードを見ながら間違えずに入力してください。

ポイント:カード名義、カード番号など、全てカードに記載されている通りに書けばOKです。

11, ログインIDとパスワードの設定
好きなログインIDとパスワードを設定します。ここで書いた情報は忘れないようにしてくださいね。

12, 申し込み内容の最終確認
申し込み内容を最後に本人確認書類などを見ながらもう一回確認して、「申し込む」のボタンを押します。

以上で終了です。長かったですね。

あとは、1日~3日くらい待てば、契約完了のメールが届いて、その後SIMもしくは端末の発送通知が届きます!

ってことで、このやり方さえやれば審査通過間違いなしです。

結局、LINEモバイルの審査落ちの99%の原因は申込みのときの記入ミスです。なのでそれさえ気をつければ審査落ちすることはまずありません。

なので、この方法を見ながらもう一度、LINEモバイルの申込みにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

詳細・申し込みはこちら→【LINEモバイル公式HP】

-LINEモバイル
-, , , ,

Copyright© SIMクエスト! , 2019 All Rights Reserved.