格安SIM選びを最短で!!

SIMクエスト!

楽天モバイルからLINEモバイルに最安値でMNP乗り換えする方法!契約解除手数料12000円を無料にする裏技

投稿日:

楽天モバイルからLINEモバイルへの乗り換えがバッチリまとめてあるサイトって無いですかね〜。

ちょっとなさそうだったんで作ってみました。

ってことで今回は、楽天モバイルからLINEモバイルへのMNP乗り換え方法について説明します。

このページさえ見れば、楽天モバイルからLINEモバイルへの乗り換えの全てが分かりますよ。
(この記事は、楽天モバイルからLINEモバイルへMNPで乗り換える方向けに書いています。参考にしてみてくださ〜い。)

乗り換えまでの全体の流れ

まずは、楽天モバイルからLINEモバイルにMNPで乗り換えするまでの全体の流れがこちら!

①楽天モバイルからMNP転出!MNP予約番号をもらう
②LINEモバイルに申し込む
③LINEモバイルからSIMが届く
④LINEモバイルを使い始める

ってな感じの流れです。
全体で、だいたい5日くらいですかね。
早ければ、2日くらいでできます。

ちなみに、楽天モバイルからMNP番号もらったあとからLINEモバイルを使い始めるまで、楽天モバイルは使えますよ。
なので、乗り換えを急いでなきゃ問題ないですね。

アプリたくさん

MNP転出の時に必要な費用

ちょっと気になるのが、転出の時に必要な費用です!
MNP転出するのにたくさんの費用がかかったらやってられません。

ってことで、まとめてみました。

楽天モバイル契約解除手数料
①コミコミプラン(契約後24ヶ月以内)
②それ以外(契約後12ヶ月以内)
③最低利用期間以降

①12,000円(税込12,960円)
②9,800円(税込10,584円)
③0円
楽天モバイルの更新月の月額料金  契約しているプランによる
楽天モバイルのMNP転出手数料 3,000円(税込3,240円)
LINEモバイルの登録事務手数料 3,000円(税込3,240円)
LINEモバイルのSIM カード発行手数料 400円(税込432円)
合計

最安6,400円(税込6,912円)
〜18,400円(税込19,872円)
+楽天モバイルの月額料金 

特に、契約解除手数料は、契約してるプランによって違ってきますんで注意してください。

MNP転出&MNP転入すると、けっこうお金かかるんですね。
最低利用期間によって金額が大きく変わってきます。それぞれチェックしときましょう。

①最低利用期間以降:6,400円(税込6,912円)+楽天モバイルの月額料金 
②それ以外(契約後12ヶ月以内):16,200円(税込17,496円)+楽天モバイルの月額料金 
③コミコミプラン(契約後24ヶ月以内):18,400円(税込19,872円)+楽天モバイルの月額料金 

です。
この「楽天モバイルの月額料金」ってのは、MNP転出(解約)した月に払う予定の費用のことです。
実際、この請求は解約月の翌月もしくは翌々月になると思いますんで、おぼえといてくださ〜い。

また、最低利用期限を過ぎてしまえば、コミコミプランなら12,000円、それ以外なら9,800円の解約手数料が無料になります。

どうしても解約したいって人以外は、この料金を考えた上で解約進めてみてくださいね。

詳細・申し込みはこちら→【楽天モバイル】

SIM

解約&乗り換え方法

それでは、本題の楽天モバイルの解約&LINEモバイルへのMNP転入のやり方を説明します。

①楽天モバイルの解約(MNP転出)

まず、楽天モバイルの解約です。

楽天モバイルの解約(MNP転出)は、電話でできます。

0800-6000-100 通話料無料/携帯電話・PHSからもOK
受付時間 : 9:00 - 18:00 年中無休

このカスタマーセンターへの電話は、休日だとけっこう混み合います。
なので、あまり混み合わない平日の昼間に連絡するのがおすすめです!
繋がれば、5分くらいで終わるんで楽ちんです。

また、MNP転出する時に必要な物は「契約中のSIMの電話番号」だけです!
電話番号を覚えてない方は、電話する前にメモしときましょう。

電話して聞くことは「解約しますんで、MNP予約番号をください!」だけです。
そしたら、オペレーターの方が質問してきてくれますんで、それに答えてください。

また、MNP解約は必ずどの月でも15日までにやったほうが良いです。
理由は、16日以降に解約手続きしちゃうと、次の月の料金までとられちゃうからです。

楽天モバイルの料金は日割りじゃないので、ひと月分がまるまる請求されます。
それだったら、少しでも安くなる15日までがいいですよね。

ここまで終われば、MNP予約番号ってのをGETできます。
LINEモバイルに乗り換えるなら、MNP予約番号を手に入れてから5日以内に契約が必要です。

LINEモバイルの申し込みは24時間いつでもできますんで、このままの流れでやっちゃいましょう!
あと15分あればできますよ。

速い

②LINEモバイルの契約(申し込み)

次は、LINEモバイルの申し込みです。

まず、LINEモバイルを開きます。

右上にある申込みボタンをタップします。

LINEモバイル 申し込み ボタン

・申し込み前の確認

申し込み前の確認、申込みの流れ、注意事項を確認して、「上記事項に同意の上、申し込む」をタップ

LINEモバイル 申し込む

・申し込み方法の選択

申し込み方法は「通常申し込み」もしくは「コードを使用して申し込み」のどちらかにチェック

私のおすすめは「通常申し込み」です。
理由は、簡単でリスクが無いからです。

LINEモバイル 申し込み方法

・契約タイプとプランの選択

ここではまず、端末+SIMカードのセットかSIMカード単体での申し込みかを選びます。

LINEモバイル SIMカードのみ

今回は、SIMカード単体+「コミュニケーションフリープラン」の10GB/月を選んだ場合で説明していきます。

・データ容量とサービスタイプの選択

次に、データ容量とサービスタイプを選びます。

・データ容量

好きなデータ容量を選びます。

この時、最初のデータ容量は10GBにしておいたほうがお得です。
理由は、LINEモバイルは初月無料というキャンペーンを行っていて、契約した最初の月は無料だからです。

プラン変更は無料なので、契約した月の内にプラン変更をして好きな容量に戻せば問題ありません。

10GBプランを契約→SIMが届いたら、契約した月の内に好きな容量のプランに変更

ってな流れです。
こうすれば、初月無料で10GBはまるまる無料で使えて、データ繰り越しで次の月にも余ったデータ容量が使えます。

・サービスタイプ

サービスタイプは「データ+SMS」か「データ+SMS+音声通話」から選べます。
docomoからのMNPで乗り換えなら「データ+SMS+音声通話」ですね。

LINEモバイル サービスタイプ

・SIMカードサイズの選択

次にSIMカードのサイズを決めます。

SIMカードサイズは、スマホやガラケーごとに決まってますんで必ず確認してください。
確認は、LINEモバイルの動作確認済みの端末からできます。

ちなみにiPhoneならnanoSIMです。

LINEモバイル SIMサイズ選択

最後に、プランの確認画面が出ますので、間違いないか確認します。
ここで間違ってても、契約するまで変更できませんので、しっかり確認です。

LINEモバイル 申し込み内容 確認

・申し込み区分の選択

つぎに、申し込み区分を選択します。

楽天モバイルからの乗り換えなら、他社からの乗り換え(MNP転入)を選びます。
番号を入力、有効期限、転入予定の携帯電話番号を記入します。

そして、次を進むをタップです。

LINEモバイル 申し込み区分

・MNP予約番号の入力

申し込み区分でMNP転入を選んだ場合、入力が必要です。
MNP予約番号の有効期限は、10日以上残ってないといけないので、MNP予約番号を手に入れたあとはすぐに申し込みしましょう。

ちなみに、MNP予約番号の有効期限は15日間です。

LINEモバイル MNP予約番号

・お客様情報入力

次に情報の入力を行います。

契約者名
契約者名(カタカナ)
性別
生年月日
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス(フリーメール)
「お知らメール通知 」のチェック
「利用者設定」のチェック
「規約について」のチェック

ここで2点注意事項があります。

1, 契約者情報(契約者名、住所)などを書くときには、必ず本人確認書類と同じように記入してください。

ここで、本人確認書類と内容が違ってると、あとで審査に落ちちゃうことになるのでしっかりとチェックです。

2,メールアドレスは、@rakuten.jpを使わないでください。
理由は、MNP乗り換えしたあとに、@rakuten.jpのメールアドレスは使えなくなるからです。

なので、フリーメール(@gmail.comや@yahoo.co.jp)ってアドレスを使うようにしてくださいね。
フリーメールはGmailかyahoo!メールで検索すれば出てきます。

次に進む(メールアドレスの確認)をタップします。

お客様情報入力

LINEモバイル 規約について

メールアドレスに本人確認書類のアップロード案内メールがきます。
メールを確認してください。
LINEモバイル 申し込み

メールが届いたら、リンクをタップしてアクセスしてください。

LINEモバイル 本人確認 アドレス

・本人確認書類のアップロード

次に、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類一覧
⋅運転免許証
⋅運転経歴証明書
⋅日本国パスポート+補助書類
⋅在留カード
⋅特別永住者証明書
⋅住民基本台帳カード
⋅健康保険証+補助書類
⋅後期高齢者医療被保険者証+補助書類
⋅届出避難場所証明書
⋅身体障害者手帳
⋅療育手帳
⋅精神障害者保険福祉手帳
⋅特定疾患医療受給証+補助書類
⋅特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類
・公共料金領収書
・住民票

アップロードは、スマホなどで写真撮影したものをでOKです。

ただし、免許証など、両面印刷のものは両面とも写真をとってアップロードしてくださいね。
LINEモバイル アップロード

LINEモバイル アップロード スマホ 方法

・支払い情報の選択

支払い方法には2パターンあります。

今回は、クレジットカードでやりました。
クレジットカード以外にも、LINE payで支払いもできます。

支払い方法を選択して、クレジットカードなどの情報を記入します。

そして、次へを押します。

LINEモバイル 申し込み方法

・最終確認とアカウントの作成

最後に、Myページのアカウントを作成します。
好きなログインIDとパスワードを入力します。

申し込み内容の最終確認をして、「申し込み」を押せば完了です!

スマホの契約ていっても、ネットからやればけっこう簡単ですよね。
たぶん、すんなり行ってればここまで15分くらいです。

詳細・申し込みはこちら→【LINEモバイル公式HP】

LINEモバイル 申し込み

③SIMカードが届くまで待つ(2日~5日くらい)

SIMカードもしくはSIMカード+スマホ本体が届くのを待ちます!

LINEモバイルは東京・渋谷区のサポートセンターからヤマト運輸の宅急便・宅急便コンパクトを送付されます。

実際に届いた封筒を見てもここでした。

これから、配送日数を逆算すると次のようになります。
・ほとんどの地域で、配達の次の日には届きます。
・北海道、九州 2日後
・沖縄 3日後~6日後
・その他の離島は3~11日後とかになっちゃうみたいです。

まぁ、いつもの配達と同じくらい配達日数があれば届きそうですね。
なので、関東から配達されてくる荷物が届くくらいの配達日程を見とけばいいと思いますよ。

ちなみに、時間帯指定やコンビニ受け取り、営業所止めもできますんで、好きな時に好きなところで受け取れます。

LINEモバイル ヤマト

④初期設定をする(10分)

それでは初期設定のやり方についてです。

基本的には、LINEモバイルが届いた時についてるマニュアルに書いてあります!

LINEモバイル マニュアル

ざっくりと流れを説明しておきます。

まず、届いたSIMカードを切り離します。

SIMカード 取り出し

SIMカードのトレイをスマホから取り出します。
いままで使っていた端末をそのまま使う場合は、ここで今までつかっていたSIMカードを取り出します。

LINEモバイル SIM取り出し

新しいSIMカードをトレイに乗せて、スマホに入れます。

SIMカード 差し込み

次に、スマホの電源をいれます。
電源を入れたらAPN設定というのが始まるので設定します。

Androidの場合はこんな感じです。

設定が必要な項目
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証:PAPまたはCHAP

これで完了です。

ちなみに、MNP乗り換えの場合、空白期間って呼ばれるスマホが使えない期間が30分~2時間程度あります。
これは、docomoなどのキャリアから、LINEモバイルなどに乗り換える時に発生するスマホ切り替えの時間のことです。

docomo、au、softbankのキャリアスマホを乗り換えたことがある人はわかると思いますが、ショップで2時間くらい待たされたあの時間のことですね。
SIMカードの初期設定する時に、空白期間が発生しますんで切り替えタイミングに注意しましょう。

以上で、乗り換えが完了です。
あとは、その他の設定さえすれば問題なしです!

その他の注意事項!

今まで説明した中で、注意事項がいくつかあります。

エントリーコードをおすすめしない理由

「コードを使用して申し込み」とは、エントリーコードというコードを入力することで、登録手数料の3000円を無料にできる方法のことです。

このエントリーコードは、amazonでエントリーパッケージってものを送料込みで1,400円くらいで買う必要があります。
なので、実質安くなるのは1,600円くらいです。

LINEモバイル エントリーコード

ただし、エントリーコードには注意事項があります。

それは、契約の途中で一回でも失敗すると、そのエントリーコードは使えなくなるんです。
考えてみると普通のことなんですけど、なにかイレギュラーが起こったときにも使えなくなっちゃうのがキーポイントです。

例えば、審査に落ちてしまって再申し込みするとき、一度入力してしまったものなんでも入力したエントリーコードは使えなくなってます。
また、端末もセットで購入しようとしてたのに、端末が売り切れだったら、もう後戻り出来ません。
さらに、入力途中でパソコン・スマホが途中で止まってしまった時、エントリーコードは使えなくなっちゃいます。

そうなると、エントリーコードを購入した金額分お金を捨ててるようなものですよね。しかも、LINEモバイルの方も対応してくれないんでどうしようもありません。

こんな感じだと、エントリーコードをわざわざ買うのがなんだか馬鹿らしくなっちゃいます。安くしようとして買ってるのに、お金取られるだけなんて騙された気がしませんか?

 

また、エントリーコードの評価を見てもらうと分かるんですけど、amazonで星を1こしかつけてない方がたくさんいます。

 

結構使えなくなってる人っておおいんですね。

 

ってことで、これだったらエントリーコードを使わずに、普通に申込んだほうがいいかもしれませんよ。

リスクもありますので、安いからって飛びつくのはやめたほうがいいと思いますよ。

まとめ

ってことで、今回は楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える方法について説明しました。

いかがだったでしょうか?
この記事を読んで、無事に乗り換えができてればいいなぁって思います。

以上、楽天モバイルからLINEモバイルへのMNP乗り換えでした。

さらに、いまならLINEモバイルはお得なキャンペーン中!

利用開始月の料金が無料になる初月無料キャンペーンやその他お得なキャンペーンを実施中です。

今だけのお得なキャンペーンなので、しっかりとチェックしてくださいね。

LINEモバイルキャンペーン情報はこちら>>

-LINEモバイル, 楽天モバイル
-, , , ,

Copyright© SIMクエスト! , 2019 All Rights Reserved.