LINEモバイルは田舎でもほぼ100%つながる!地方や山間部でも通信エリアが広くて圏外にならない

LINE MOBILE(ラインモバイル)は、通信エリアが広くて田舎でも圏外になることがほとんどないって評判です

でも、地方都市や田舎や山間部に住んでいると、通信エリアが広いって言っても「どうせ東京あたりのことで、自分の家の周りは入ってないだろうなぁ」なんて思っていませんか?私も田んぼだらけの田舎に住んでいるんで、ずっとそう思ってました。

でも、実際に地元で使ってみたらそんなことありませんでしたよ!

ってことで今回は、LINEモバイルは、田舎・山間部どんなところで実際に繋がるのかについてと、田舎での通信速度、LINEモバイルの通信サービスエリアについて説明します。

LINEモバイルの通信エリアについて

 

知ってましたか?LINEモバイルの通信エリア、は実はdocomo(ドコモ)と同じなんです。

なぜ同じかというと、LINEモバイルは、docomoのLTE回線を借りている格安SIM会社(MVNO)だからです。

借りてるってなに?って思った方のために、少し格安SIMについて説明します。

格安SIMとは、自分で4G LTEや3G回線を持っていないけど、大手のドコモやau、ソフトバンクから通信回線を借りている通信会社のことを言います。LINEモバイルは、大手通信会社のドコモから通信回線を借りているので、LINEモバイルでもドコモと同じとっても広い通信エリアを使えます。

だから、ドコモの電波が入ってる地域に住んでいるなら、田舎でも山の中でも当然LINEモバイルも繋がるんです。

しかも、ドコモの通信エリアは全国人口カバー率ほぼ100%なので、auやsoftbankよりも、ドコモの通信回線を使っているLineモバイルのほうがつながります!

詳細・申込みはこちら→ 【LINEモバイル公式HP】

 

LINEモバイルの通信エリアの調べ方

全国でほぼ100%つながるって言っても、実際自分が使いたい場所でつながるか知りたいですよね。とっても詳しいのに簡単な調べ方を見つけましたんで、書いときます。


確認のやり方
1,まずは、docomoの通信エリアにアクセスしてください。

2,次に、エリアを調べるのタブから、自分の住んでるところを探すだけ!

出てきた地図の中の、赤、オレンジ、紫の色がついている範囲ならLineモバイルも繋がります!

人口カバー率100%ってことなのでまず間違いなく入ってると思いますが、気になる方は確認してみてください。

詳細・申込みはこちら→ 【LINEモバイル公式HP】


︎LINEモバイルならこんな田舎でもつながる!

Lineモバイルの通信エリアについて調べてみると「こんな田舎でも繋がるの⁉︎」
って面白そうなとこや口コミがあったので、実際に繋がるエリアを上げていきます。

知床:北海道のあの出っ張り。森林に山嶺が連なる世界自然遺産でも6.5Mbpsで繋がるらしいです。

平泉:東北地方岩手県平泉町の世界遺産でも13.62Mbpsで繋がるらしいです。

白神山地:ブナの原生林で有名な青森県の世界自然遺産!野生の鹿がいる隣でも、9.5Mbpsで繋がるらしいです。

富士山:日本一高い山!静岡県から山梨県をまたぐ大自然!五合目からの道中はもちろん山頂でも13.2Mbpsで繋がりました。

富岡製糸場:群馬県富岡の世界遺産でも、6.6Mbpsで繋がるらしいです。

小笠原諸島:父島母島で有名!海の真ん中でも4.59Mbpsで繋がるらしいです。

青ヶ島絶海に浮かぶ孤島!モンハンなんかに出てきそうな日本最少人口168人の村!

日本で一番田舎といってもいいこの島でも5.99Mbpsで繋がるらしいです。青ヶ島で繋がるってことは、まとまってひとが住んでるとこなら、間違いなくLineモバイル使えそうですね。

奥京都:京都ならどこでも繋がりそうですよね。嵐山のもっともっと奥の方でも12.19Mbpsで繋がるらしいです。

厳島神社:広島県本土からちょっと離れた島!離島でも14.8Mbpsで繋がるらしいです。

阿蘇:熊本県の阿蘇山!ツーリングの聖地の内牧や小国でも11.12Mbpsで繋がるらしいです。

屋久島:鹿児島県の離島!あの縄文杉でも7.95Mbpsで繋がるらしいです。

けっこうどこでもLINEモバイル繋がりますね。格安SIMでこれはあり得ないくらい広い!格安SIMに乗り換えても、田舎や山間部でも繋がるくらい広い通信エリアが欲しいならLineモバイルはうってつけですね。

詳細・申込みはこちら→ 【LINEモバイル公式HP】

︎実際に試してみました

実際に、どんなとこで繋がるんでしょうか?旅行ついでに試してみました。

結論から言うと、どこでもずっと圏外にならず繋がってましたよ!

先日福岡県に行った時、福岡県福岡市の博多区から山口県の角島まで車でかっ飛ばしてきました。

下にある画像は、その日に通ったルート(緑線)と、LineモバイルのLTEの通信エリア(色付き)を表してる地図です。

赤、オレンジ、紫のエリアなら4G LTE回線に繋がることを表してます。

実際に、車で移動している時のLineモバイルの通信状況なんですが、田舎のトンネルの中でも繋がってました!

運転しながらずーっとyoutubeで音楽聞いてたんですけど、山の中でもトンネルの中でも途切れませんでしたよ。

もしかしたら、地図の白いエリアでちょっと遅くなるなってたのかも知れせんけど、通信は途切れてません。

また、通信速度も7回くらい測ったんですが、一番遅くて4.33Mbps(下り)でした。

その他だとだいたい6〜8Mbpsくらい出てましたので、LINEモバイルは格安SIMなのに田舎や山間部でも十分すぎる速度が出ます。

実は、スマホを使う時に必要な速度は3Mbpsっていわれています。

このくらいの通信速度があれば、一番通信速度が必要なyoutubeなどの動画視聴ができるからです。その必要な3Mbps以上の速度が安定してでるLINEモバイルってすごい格安SIMですね。ほかの格安SIMだったら、田舎で安定して3Mbps出るってことはまずないと思います。

LINEモバイル以上に田舎向きな格安SIMみたいですよ。

詳細・申込みはこちら→ 【LINEモバイル公式HP】

他にも、北海道の新千歳空港から、札幌と苫小牧まで電車で移動中に測って見たので、感想を書いておきます。

こっちもyoutube聞きながらネットしてたんですけど、一度も途切れることもありませんでしたし、遅いと感じることもなかったです。

また、通信速度は4回測ったんですけど、一番遅くて4.62Mbpsも出てました。

周りに平原が広がって、遠くに山が見える雄大な自然の中なのにLineモバイルが繋がって、本当びっくりでした。

今回調べた感じだと、Lineモバイルの通信エリアが、docomoと同じってのは本当みたいですね。福岡の山奥から北海道の大平原の中でも繋がったんで、docomoが繋がるエリアなら確実にLINEモバイルも繋がりますね。

私は正直、今回の調査を通してLINEモバイル以上に田舎や山間部の通信に強い格安SIMは、他にないんじゃないかなって思ってます。

田舎に住んでいるけど格安SIMを契約したい方には、LINEモバイルいいと思いますよ。

詳細・申込みはこちら→ 【LINEモバイル公式HP】

まとめ

LINEモバイルは、田舎でも使える格安SIMです。

docomo回線を使っている格安SIMなので圏外になることまずないです!田舎暮らしの方におすすめですよ。

しかも、LINEモバイルは限定キャンペーン中です。今だけ「3ヶ月連続で3GBデータ増量キャンペーン!」が適応されて、いつも以上に安く買えます!

LINEモバイルをお得に買うなら今しかありませんね。気になる方は今すぐチェックです。

キャンペーン詳細ページ【LINEモバイル公式HP】

-LINEmobile, LINEモバイル

© 2021 SIMクエスト!