格安SIM選びを最短で!!

SIMクエスト!

身分証なしでも契約できる格安SIMはあるの? 音声通話無しのSIMなら身分証がいらない

更新日:

運転免許証や健康保険証、パスポートなど、身分証がないと格安SIMは契約できないと思っていませんか?

でも実は、そうではありません。身分証がなくても、契約できる格安SIMはたくさんあるんです!

またその他に、スマホをSIMカードなしで使う方法だってあるんですよ。

今回は、身分証なしでスマホを使う方法を徹底解説します!

身分証なしでも、格安SIMを契約できる!

身分証なしで格安SIMを使う方法は、

  • データ通信専用SIMを契約する
  • プリペイドSIMを使う

以上の2種類です。

それぞれ、詳しくチェックしてみましょう。

データ通信専用SIMを契約して、スマホを使おう!

身分証なしで格安SIMを月額契約する際は、「データ通信専用SIM」という音声通話に対応していないSIMカードを選べばOKです。

SMSに対応しているものも含めて、データ通信専用SIMならバッチリ契約可能です。

クレジットカードがあれば、基本的にデータ通信専用SIMを契約できます。SIMカードが届いたら、スマホに入れて設定をすればすぐにネットができるようになりますね。

データ通信専用SIMを入れたスマホなら問題なく、外でネットができます。

データ通信専用SIMで通話をするなら、LINEやIP電話を使おう

データ通信専用のSIMカードを契約する場合は通常の音声通話が使えません。つまりスマホの通話アプリを使って誰かに普通に電話をかけることは、できないんです。

しかしだからといって、データ通信専用SIMで通話自体ができないわけではありません。データ通信専用SIMを使って通話をする場合は、LINEなどの無料通話アプリやIP電話アプリを使えばOKです。

無料通話アプリでは、同じアプリをインストールして友だちとして登録している相手と無料でいくらでも通話できます。通話料金はかかりません。

IP電話アプリでも同じアプリ同士なら基本的に通話が無料なのに加えて、普通の携帯電話や固定電話宛にもかけられます。また相手が、こちらのIP電話の番号宛に電話をかけることもできます。

データ通信専用SIMを入れたスマホで通話をする必要があるなら、LINEやIP電話を使えばOK。身分証がなくても、ネットだけでなく通話まで行えるので安心ですね。

 

身分証なしで契約できない格安SIMもあるので、注意!

要注意なのが、格安SIMの中には身分証がないと絶対に契約できないものもあることです。

まずLINEモバイルは、データ通信専用SIMやSMS対応SIMを契約するとしても身分証のコピーをアップロードするのが必須です。

これはなぜかというと、LINEモバイルを契約すれば友だちをIDを検索して追加できる「ID検索」の機能を使えるようになるためです。

またY!mobileも、スマホプランとして契約できるのが基本的に音声通話SIMであるため身分証は必須ですね。

このように中には身分証がなければ絶対に契約できない格安SIMもあるので、契約手続きを始める前に「データ通信専用SIMでの契約なら身分証が不要かどうか」を確かめておきましょう。

調べてみてもわからない場合は、公式サイトのチャットやメールなどで問い合わせれば答えてもらえます。

ここまでをまとめると、データ通信専用SIMを契約すれば身分証なしで格安SIMを使えるので、スマホで通信も可能となります。ただし身分証なしで契約できない格安SIMもあるので、注意しましょう。

プリペイドSIMを購入すれば、すぐにスマホで通信できる!

データ通信専用SIMは、月額契約でなくても購入できます。それはプリペイドSIMという方式です。プリペイドSIMの購入でも、身分証なしでスマホを使えます。

プリペイドSIMとは、購入した時点で一定量のパケットが使えるしくみのSIMカードです。使い切っても、あとから追加チャージをすることでまたパケットを一定量使える物もあります。

プリペイドSIMを購入するなら、余計な契約も必要なくすぐにスマホで通信可能。これは便利ですね。

ただしプリペイドSIMの場合、月額契約よりも利用料金は割高となる場合がほとんど。どうしても月額契約が厳しい場合にのみ、プリペイドSIMを利用しましょう。

WiMAXなどポケットWi-Fiを契約すれば、Wi-Fi接続でスマホが使える!

ここまではデータ通信用の格安SIMを用意してスマホを使う方法を解説してきましたが、この他にも身分証なしでスマホを使う方法があります。

それは、WiMAXを契約する方法です。WiMAXは専用のルーターにWi-Fi接続することで、スマホやタブレット等の機器でネットを使えるのが特徴のサービスですね。

またWiMAX以外のポケットWi-Fi系サービスを使うのも良いでしょう。

WiMAXを使う場合のメリットは、まず使える通信量が圧倒的に多いことですね。格安SIMだと3GB900円などですが、WiMAXなら4,000円前後で基本的に通信量は使い放題です。

ただし直近3日間に10GB以上通信すると速度制限がかかるなどの注意点はあるので、しっかりチェックしておきましょう。

通信速度も、基本的に格安SIMより高速です。電波環境さえ良ければ、朝から晩まで快適に通信できますよ。

格安SIMではなくWiMAXなどのポケットWi-Fiを使うデメリットとしてはずっとWiMAXのルーターに接続していなければスマホをネットに接続できないため、スマホ本体だけでなくルーターのバッテリーについても注意が必要となることです。

そして月額料金も、WiMAX等のポケットWi-Fiだと格安SIMよりは高くなりますね。月4,000円程度かかるので、予算とも相談しましょう。

料金の安さはさておいて通信量や通信速度を重視する人は、WiMAXなどのポケットWi-Fiを検討してみましょう。

まとめ

データ通信専用SIM

・プリペイドSIM

・WiMAX等のポケットWi-Fi

これらを利用することで、身分証がなくてもスマホで通信ができるようになります。

スマホをとにかく安く使いたいならデータ通信専用SIMを契約するのがベスト。月額契約が面倒なら、ポケットWi-Fiを選べばOKです。

もし通信量をたくさん消費したり、速度の速さを重視したりするなら、WiMAXなどのポケットWi-Fiを検討してみましょう。

また、LINEモバイルならデータ通信専用SIMが500円から使えます。しかも、LINEやSNSなどは使い放題です。もちろん、LINEの音声通話も使い放題ですよ。

データ専用SIMを使いたい人には、LINEモバイルが一番おすすめです。

詳細はこちら→「LINEモバイル公式HP」

-格安SIM, 格安スマホ
-, , , ,

Copyright© SIMクエスト! , 2019 All Rights Reserved.