格安SIM選びを最短で!!

SIMクエスト!

SIMフリースマホの3つのメリットとデメリット!安くて乗り換え自由で海外旅行でも活躍するのでおすすめ

更新日:

SIMフリースマホってSIMロックがかかってないんで、いつでも乗り換えれてなんだか良さそうですよね。

でも、デメリットとか欠点とか無いんでしょうか?
初めて乗り換える時って、いままでと何が違うかわからなくて不安なんですよね。

ってことで、今回はSIMフリースマホのメリット・デメリットについて説明します。

SIMフリースマホとは?

まず、SIMフリースマホってどんなものかご存知ですか?
SIMフリースマホとは、SIMロックが掛かっていないスマートフォンのことです。

そもそもSIMロックとは、docomoやau、softbankなどのキャリアから販売されている端末にかけられている、そのキャリアのSIMカードしか受け付けないというプロテクト(鍵)のことです。

なので、キャリアスマホを買うと、SIMロックが掛かっているせいで契約した通信会社のSIMカードしか使えません。

でも、SIMフリースマホなら、そのSIMロックが掛かっていません。

なので、SIMカードを自由に入れ替えできるるんです。

つまり、docomoからau、softbankから格安SIMへなど乗り換えの時、SIMフリースマホはそのままいまのスマホが使えるので、新しくスマホの端末を買う必要がないってことです。

スマホを買う費用が浮いて、めっちゃ便利ですね。

ちなみに、いままで使っていたdocomo、au、softbankのSIMロックのかかったスマホのSIMロックを解除しても、SIMフリースマホにはならないので注意してくださいね。

SIMロックスマホのロックを解除しても、一部の制限は残ります。

スマホ 自撮り 女性

SIMフリースマホを使うメリット・デメリット

ちょっと説明してしまいましたが、SIMフリースマホの良いとろこと悪いところについて説明します。

良い物にも、必ず悪いところもあります。しっかりとチェックしときましょう。

デメリット

まずは、デメリットからです。

SIMフリースマートフォンには3つのデメリット・欠点があります。

1, 店舗での保証が受けられない(ものが多い)

SIMフリースマホって格安SIM会社(MVNO)なら売ってますが、docomo、au、softbankにはほぼ売ってません!

なので、買うとしたら格安SIM会社かamazonなどで買うしかないんです。

格安SIM会社でSIM+スマホ端末のセット購入すれば、格安SIM会社の保証が受けれます。
でも、amazonなどで買った場合、不具合があったらメーカーに自分で修理依頼をしないと行けないんです。

なので、携帯会社の店舗での保証が受けられないんです。
ちょっとめんどいですね。

でも、店舗保証だろうとメーカー保証だろうとやることは同じなので、手間は変わりませんよ。

HUAWEI p10 lite

2, スマホ端末を試せない

SIMフリースマホは、携帯ショップで扱っている端末の数が少ないです。
なので、自分の手にとって試すことがあまりできません。

これも少し不安ですね。

iPhoneとかの信頼のある機種だったら試さなくても良いかもしれませんが、初めて買うメーカーとかは試してみたいですよね。

そこで、とっておきの方法があります。

それは、格安SIMのショップに行くことです。
最近になって、格安SIMのショップにSIMフリースマホが増えてきてます。

なので、どうしても試してみたかったら、家電量販店とかにある格安SIMショップに行ってみましょう。
お目当てのスマホがあるかもしれませんよ。

おすすめは、ビックカメラ、ヤマダ電機、コジマ電機などの大手家電量販店です。
大型店舗なら、間違いなく多くの格安SIMの店舗が入ってるのでSIMフリースマホを試せますよ。

3, 動作確認が必要

SIMフリースマホって言っても、念のために動作確認という作業が必要です。

動作確認とは?
SIMカードをスマホにさした時、実際に使えるのかどうか確認する作業です。
いままでは、キャリアが売ってるスマホの動作確認はキャリアが行ってました。

でも、SIMフリースマホは何千機種とあるので、自分で動作確認しなきゃいけないんです。

これを行わずにパッとSIMだけ交換しちゃうと使えない機能がでてくることがあるんで必ず行ってください。

SIMフリースマホのくせに残念ですね。

でも、簡単に動作確認する方法はあります!
その方法とは、使いたいSIMカードで実際に動作しているか確認するんです。

確認さえすれば、間違いなく全ての機能が使えるかどうかがわかります。

動作確認は、格安SIMの公式HPから「動作確認済み端末」ってページが必ずあるので、乗り換える前にチェックしてみてください。

必ず、SIMサイズは確認してくださいね。
SIMカードを契約する時にサイズが違ったらスマホに入りませんので、動作確認と合わせてみときましょう。

人気の格安SIM Best5
1,楽天モバイル
2,OCN モバイル ONE
3,mineo
4,IIJmio(みおふぉん)
5,BIGLOBE SIM

デメリット

メリット

次はSIMフリースマホのメリットです。
デメリットよりもメリットが大きいのがSIMフリースマホの特徴です。

こちらもしっかりチェックしましょう。

1, 好きなスマホ端末が選べる

一番良いところはここです。

SIMフリースマホなら、1万円以下の安いスマホから、最新のiPhoneなどの高級スマホまで、好きなスマホを自由に選べます。

これも、どこのSIMカードも使えるおかげですね。

いままでは、docomoならdocomoから、auならauからと、そのキャリアが売っているスマホしか使えなかったのが嘘みたいです。

これからは、自分の好きなスマホを買ってSIMだけ乗り換える時代です!
お気に入りの1台を見つけちゃいましょう。

2, 海外でも現地のSIMカードでスマホが使える

海外旅行する人にとってめっちゃ嬉しいのがこれです。

SIMフリースマホなら、海外のSIMを入れちゃえば海外でもいまのスマホがそのまま使えちゃうんです。

しかも、スマホを借りたり、スマホ会社の海外データローミングよりも安い!

・海外のプリペード式SIMカードの購入方法!
その方法とは...、到着した現地の空港で買うんです。

海外便が離着陸する国際空港には、基本的にどこにでも売ってます。
ただ、販売方法は、自販機で売ってたり空港のカウンターで売ってたりと、その空港ごとに違うみたいです。

料金は、旅行の定番アメリカ国内(ハワイやグアム、サイパンなど)で使える「AT&T」のプリペイドSIMで、一ヶ月3GBのデータ通信+通話無制限+SMS無制限で$45です。

プリペイドSIMの中には通話・SMS・データ量のすべて込みでパックになっているものも多いんで、海外でも安心して使えます。

できれば、出発前に空港のどこでSIMカードが買えるか調べとくと良いですね。
そのほうが安心できます。

また、もし事前に時間がある場合は、amazonなんかでも購入もできますよ。
その場合はちょっと手間が多いので、よく調べてから使ってみましょう。

格安SIM 自販機

3,気軽に乗り換えができる

SIMフリースマホに変えてしまえば、どこのSIMカードでも使えるんで、いままでより乗り換えが簡単になります。

例えば、格安SIMのLINEモバイルを契約したとしても、端末代金は最初の月に払い終わってるんでいつでも乗り換えができるんです。

ただし、通話SIMで契約していた場合は、1年の最低契約期間が付くところが多いんで注意してください。1年以内に解約しちゃうと違約金が発生しちゃいます。

ぐぬぬ!

でも、スマホはそのまま使えるので、これまでよりも簡単に乗り換えできるって嬉しいですね。
SIMロックがかかっていたスマホを使ってたら、簡単には乗り換えできませんからね。

格安SIMでは、毎月のように新しいサービスが生まれています。
なので、お得な格安SIM・キャリアを見極めて、好きなタイミングで自分に一番あったSIMフリースマホとSIMカードを選びましょう。

SIMフリースマホの使い方

SIMフリースマホがどんなものかわかったところで、SIMカードの契約と一連の流れをおさらいしときましょう。

Stepは、たったの3つです。

①SIMフリースマホを購入する
まず、自分が使ってみたいスマホを探してみてください。

iPhoneがいい人は、appleストアから買えば、SIMフリーのiPhoneが手にはいります。
また、iPhoneSEは、最近CMで話題のUQモバイルで実質100円で買えますんで、そっちもおすすめです。

その他の、人気アンドロイドのSIMフリースマホについては、下で詳しく説明します。

②SIMカードを準備する
次にSIMカードを準備しましょう。

既に、キャリアや格安SIMと契約済みかたは、そのままそれを使いましょう。
新しくキャリアや格安SIMを検討されている方は、契約してみましょう。

選び方のコツは、①で決めたスマホが、今回選んでるキャリアや格安SIMで使えるかどうかです。

使えるかどうかの判断は、各SIM会社のホームページに書いてあるんで、そこをチェックしてください。
また、その時に、今回選んだSIMフリースマホのSIMサイズもチェックしときましょう。

nano(ナノ)、micro(マイクロ)、multi(マルチ)とかいくつも種類があるんで要チェックです。

③SIMカードをSIMフリースマホに差し込む

最後に、SIMフリースマホにSIMカードを差し込みます。

差し込む方法は、SIMカードを契約した時の説明書に書いてあるんで、そちらを参照してみてください。

いろいろと書いてきましたが、初心者でも簡単にできるんでSIMフリースマホデビューしてみませんか。

SIMカードを差す

人気のSIMフリースマホ

スマホ選びの参考に、最近人気のあるSIMフリースマホを書いときます。

1, HUAWEI nova lite(参考価格:23,500円)
・指紋認証機能付
・バッテリー 3,000mAh
・テザリング ◯
・背面カメラ画素数 1,200万画素

2, VAIO Phone A VOA0511S(参考価格:27,000円)
・バッテリー 2,800mAh
・テザリング ◯
・背面カメラ画素数 1,300万画素

3, ASUS ZenFone 3(参考価格:37,400円)
・指紋認証機能付
・バッテリー 2,650mAh
・テザリング ◯
・背面カメラ画素数 1,600万画素

4, HUAWEI P9 lite(参考価格:22,400円)
・指紋認証機能付
・バッテリー 3,000mAh
・テザリング ◯
・背面カメラ画素数 1,300万画素

5, HUAWEI Mate 9(参考価格:55,300円)
・指紋認証機能付
・バッテリー 4,000mAh
・テザリング ◯
・背面カメラ画素数 1,200万画素

ってなかんじです。
最近はHUAWEIのスマホが大人気なんですよね。

理由は、安いくて性能がいいからです。
デザインもシンプルでいい感じなので、年齢・性別を問わず誰でも使えます。

私も、4位のHUAWEI P9 liteっての使ってますけど、めちゃくちゃいいです。
何と言っても、23,400円くらいなのに指紋認証が使えるとこがいいですね。

この指紋認証が使えるお陰で、パスワード入力する手間がなくてワンタッチでスマホが開けます。
毎回の面倒な時間がなくなって、スマホを開くのが楽しくなっちゃいました。

なので、これから新しくスマホを買うなら、指紋認証機能は絶対にあったほうが良いですよ。おすすめです。

格安スマホ 格安SIM

格安SIMの人気ランキング一覧

また、SIMフリースマホ+格安SIMで使えばもっと安くなりますんで、こちらも人気ランキング付け加えときます。

格安SIMの人気順一覧
1,楽天モバイル
2,OCN モバイル ONE
3,mineo
4,IIJmio(みおふぉん)
5,BIGLOBE SIM
6,FREETEL
7,DMM mobile
8,UQモバイル
9,イオンモバイル
10,BIC SIM
11,nuro mobile
12,NifMo
13,U-mobile: ユーモバイル
14,DTI SIM
15,LINEモバイル

いま人気が高いのは、楽天モバイルです。
シェアが断トツで20%くらいあります。

その他OCN、mineo、IIJmioあたりがシェア10%くらいで、それ以下になるとシェア5%くらいです。

ただ、シェアが低いからと言って通信品質や対応が悪いというわけではありません。
去年登場した15位のLINEモバイルはシェア1%くらいですが、ガンガン契約者数を伸ばしている格安SIMです。

理由は、安いプラン+速い通信速度+LINEという武器をうまく使ったポイント付与や値引きです。
私の予想では、2017年はシェアを7%くらいにはのばしてくるんじゃないかなと思ってます。

なので、人気順だけじゃなく、まずは気になるところを見てみて、そこ格安SIMの特徴を知ってみてはいかがでしょうか。

大人気

まとめ

今回は、SIMフリースマホのメリット・デメリットについて説明しました。

メリット
・ 好きなスマホ端末が選べる
・海外でも現地のSIMカードでスマホが使える
・気軽に乗り換えができる

デメリット
・店舗での保証が受けられない(ものが多い)
・スマホ端末を試せない
・動作確認が必要

いかがだったでしょうか?私は、これからの時代はSIMフリースマホ+SIMカードの組み合わせが一番いいんじゃないかと思ってます。

しかも、そのSIMカードを格安SIMにできれば最強です。

SIMフリースマホも格安SIMも調べるのは少し大変です。
でも、ここで乗り遅れると、これからずっと高いお金をとられ続けちゃいますよ。

なので、いま少しだけ頑張って、SIMフリースマホと格安SIMのことをもっと理解してみてはいかがでしょうか。

-SIMフリー
-, , ,

Copyright© SIMクエスト! , 2019 All Rights Reserved.